03-3759-5203

〒146-0092
東京都大田区下丸子2丁目1-18

むし歯治療

24時間ネット受付

一般歯科

一般歯科とは歯科治療の中で一番身近な分野ですが、それと同時に曖昧な分野でもあります。皆様が良くご存知のむし歯の治療から、歯周病の予防や治療、歯牙欠損部分の補綴、口腔内疾患の治療などを行います。最近では小児歯科、矯正歯科、口腔外科などの専門標榜科が新しく生まれたため、それらと区別するために用いられます。

むし歯について

歯の代表的な病気はなんと言ってもむし歯です。むし歯は初期段階では痛みがなく見た目にもわかりづらいため発見が遅くなりがちです。そのまま放置すると自然に治ることなく少しずつ進行していきますので、早期の発見と治療および予防処置がとても重要です。

むし歯の原因

むし歯は、感染症のひとつです。つまり、お口の中にいる細菌によってむし歯になるのです。お口の細菌は砂糖を栄養として増えていき、ネバネバとした物質(歯垢)を作り出します。そして、歯垢の中で砂糖を分解して作られる酸が歯を溶かしていき、むし歯になります。むし歯は、C0~C4までの5段階のレベルに分けられています。

むし歯の治療法

むし歯の治療は、まずむし歯の部分を機械で削ります。歯を削りながら、詰め物を詰めるための形を整えます。むし歯が神経にまで達すると治療は難しく、神経を取らなければなりません。さらに進行すると、歯を抜く以外に方法はありません。

詰め物と被せ物について

むし歯に対して、詰め物にするか被せ物にするかはむし歯の大きさによって変わります。被せる場合、歯を削る量が多くなってしまいますので、詰め物の方が良いです。

むし歯を放置すると・・・

むし歯の治療をせずに放置しておくと、隣の健康な歯や後から生えてくる歯に悪影響を与えます。

むし歯と歯並びの関係

毎日、ちゃんと歯磨きをしているのにむし歯になってしまった・・・
こんな経験はないでしょうか?実は、歯並びはむし歯のなりやすさに大きく影響されます。
通常、むし歯は歯と歯との境目からできます。歯並びが悪いと歯ブラシが届かず、また、歯の間に食べ物が挟まりやすくなります。そのため、その部分からむし歯になりやすいのです。歯並びを治す方法として「歯科矯正」があります。歯科矯正は歯並びが良くなることで、見た目がきれいになるだけでなく、むし歯や歯周病の予防にも大きな効果があります。

小児歯科

「子供の歯はむし歯になっても永久歯に生え変わるから、ほうっておいても大丈夫!」なんて思っていませんか?
子供の歯が健康か、正しい治療されているかは、永久歯の歯並びだけでなく、成長期の身体の発育にまで影響してきます。子供の歯が痛みだしたり腫れたりした際、治療経過が悪いのが現状です。子供の歯は生え変わるものというのは間違いです。お子様の正常な成長発育のため、治療と同様に予防歯科も大切です。

小児歯科について

乳歯はどうせ抜けると思っていませんか?
乳歯は、一定期間使うと永久歯に生え替わります。短い期間に子供の成長において多くの大切な役割を果たしています。
乳歯の役割は大きく3つあります。

まず1つ目は「噛むこと」です。

よく噛むことは、子供の成長・発達に必要な栄養が効率よく吸収され、脳の発達にも役立つと言われています。

2つ目は、「発音」です。

たくさんの言葉を学習する幼児期は、歯が健康であることで正しくキレイな発音が可能になります。

3つ目に、「永久歯の誘導」です。

乳歯から永久歯に生え変わる時期には、乳歯の根は吸収されて次に生えてくる永久歯を誘導します。そのため、乳歯が早期にむし歯で脱落していると不正咬合の原因になる場合があります。

このように大切な役割がある乳歯を、むし歯のまま放置しておくことは、将来の成長に大きく影響を与えてしまう可能性を秘めています。むし歯予防に努め、むし歯になってしまったら早めに当院までご相談ください。

治療を受ける前のポイント

歯の治療は大人でも嫌なものです。大人に我慢できることでも子供にとっては大変なことです。特に小さなお子様なら尚更のことです。
当院ではそれぞれのお子様の性格を考慮し、根気よく、慎重な治療を受けていただけるよう努力いたします。恐がることはなく、安心して治療を受けに来てください。

(1)受診は午前中がおすすめ

小児歯科でも、幼児の場合は、昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いので、体調の良い午前中に受診することをおすすめしています。

(2)嘘はつかない

なるべく嘘をついて連れてこないようにしてください。かえって嫌がる原因になります。その分、治療の後は、たくさん褒めてあげてください。

(3)身軽な服装で

幼児は歯科治療を嫌がって泣いたり暴れたりすることがあり、汗をかくこともあるので、治療中はTシャツなど身軽な服装でご来院ください。

(4)リラックスさせましょう

待合室では保護者の方が本を読んで聴かせたり、治療前にできるだけリラックスさせるようにしてあげてください。

ページトップ